冷凍・冷蔵品の取り扱い

東京でドライバー求人をお探しなら | 株式会社 Mクール

042-469-9367

〒202-0014 東京都西東京市富士町1-10-9

9:00~18:00 年中無休

ブログ

冷凍・冷蔵品の取り扱い

ブログ

2017/04/24 冷凍・冷蔵品の取り扱い

4月も終わりに近づき日中の気温も暖かくなってきました。

冷凍・冷蔵のお荷物を取り扱っている私たちは、外気温があがると荷台の温度管理に非常に気を使います。

冷凍品はマイナス18度以下、冷蔵品はプラス5~10度以下で管理します。

冷凍冷蔵車での取り扱いになりますが、軽自動車なので冷凍機で温度調節できるのは1種類です。

2種の異なる温度を管理するために、特製の保温ボックスと業務用の蓄冷材をつかいます。

私たちがお伺いする配達先は9割は個人宅、1割が店舗です。

当然ながら御不在があり、50件の荷物を配達すれば50回荷台をあけます。

マイナス18度に設定して到達するのに季節によりますが、この時期で30~60分はかかります。

1件ごとにそこまでの時間もかけることが出来ないので冷凍品をボックスで管理し冷蔵品を

荷台で管理し、ボックス内の冷凍用の蓄冷材も6~7時間で入れ替えるので、マイナス18度をキープできます。

ただし、ボックスをあけたまま何分も荷物を探したり、フタをきっちりと閉めておかなければ温度は上昇して

最悪の場合は荷物の解凍になります。

ドライバーの仕事は宛先住所に荷物を指定通りにお届けする。という単純なものですが、

取り扱うお荷物やお客様により、それぞれが工夫して配達しています。

 

 

 

TOP